カフェ店員バイトはチェーン店と個人店どっちがいい?両方経験者が語ります

大人気のバイト、カフェ店員。

オシャレなイメージのあるカフェ店員のバイトは、誰しも1度は働いてみたいと思ったことがあるはず。

そんなカフェ店員バイトの中でも、「個人店カフェ」「チェーン店カフェ」で、違いがあることを知っていましたか?

カフェバイト好きな私が、両方での経験を通じて、その違いと魅力をそれぞれ紹介していきますね!

タップできる目次

チェーン店でのカフェバイト

まずは、チェーン店カフェのバイト内容を紹介していきます。

チェーン店カフェの特徴

企業が経営する、全国展開型のチェーン店カフェ。

1店舗につき、店長や副店長は社員2〜3名で、アルバイトは20名ほどで運営しています。

チェーン店カフェの例
  • ドトールコーヒーショップ
  • スターバックスコーヒー
  • シアトルズベストコーヒー
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店

チェーン店カフェのメリット

マニュアルがある

これは、チェーン店カフェの大きなメリットの1つ。

研修を行う時も、何かを調べる時も役立つのがマニュアルです。

マニュアルがあることで、教え方に差が無くなり、誰でも仕事を覚えることができますよ!

ビジネスマナーが身に付く

接客スキルが身に付くと同時に、ビジネスマナーも学ぶことができます。

電話応対や会社の上司と面談する機会があることは、企業のチェーン店カフェならではと言えますね。

ヘルプ先へ行ける

年末年始などの大型連休の時期や、急遽人手を募集している店舗へ、働きに行くこともあります。

自店舗とは違う客層や雰囲気を体験することができ、非常に良い経験となりますよ!

チェーン店カフェのデメリット

スピードや手際の良さが重視

チェーン店カフェは、繁華街や駅ナカにある店舗が多いので、基本的に忙しいです。

特に、スピードのある提供が求められる時間帯は、7時〜8時・12時〜13時。

出勤前のサラリーマンや、昼食のピークタイムは必然的に忙しくなりますね。

新しいレシピを覚える必要がある

基本的に、2週間〜1ヶ月に1度のペースで、新作の情報を覚え、準備をしています。

例えば、新作発売の初日に、「試作も事前知識もない…」という状況になるのは、ご法度!

シフトが週1〜2の人にとっては、入る度に情報を追う必要があるので、かなり大変です。

ルールが厳しい

チェーン店カフェのブランドイメージを損なわないよう、社会人としてのルールも厳しく言われることも。

稀に、社会経験の少ない学生スタッフだけで、お店を運営する時間帯があるかもしれません。

そんな時に、ルールがあることを知らなかったら…と、想像するだけでゾッとしますよね!

そんなことが起こらないようにするために、チェーン店だからこそのルールが厳しくあり、知っておく必要があります。

個人店でのカフェバイト

続いては、個人店カフェのバイト内容を紹介していきます!

個人店カフェの特徴

1人のオーナーが個人で経営するカフェや喫茶店のことを指します。

昔ながらの喫茶店は、ほとんどが個人経営でしょう。

従業員数は、オーナーが店長を兼任するなど、お店によってさまざま。

最大で、5名程の人数で、運営するところがほとんどです。

個人店カフェは、個性的で、オーナーの世界観やこだわりが強く反映されるところが魅力の1つ。

地元の人々に愛されている、地域密着型なカフェも多いですね。

個人店カフェの例
  • 古民家カフェ
  • 純喫茶
  • 隠れ家カフェ

個人店カフェのメリット

チェーン店に比べて、服装が自由

チェーン店ではドレスコードといって、ユニフォームのような規定があるお店がほとんど。

その反面、個人店カフェの服装は、比較的緩めです。

ただ、規定が緩めな分、判断基準は人によって違うことも…。

面接や働き始める際に、オーナーや店長に確認することは必須ですよ!

マイペースに働ける

個人店カフェは、チェーン店カフェよりも忙しくなく、どちらかといえば、ゆったりしています。

時間を気にする来客も少ないので、自分のペースで、丁寧に働くことができます。

あとは、オーナーや店長の価値観が合えば、尚更働きやすいですね!

スピードより、質を重視

チェーン店カフェとは違い、個人店カフェは、その場所にしかない随一のお店です。

足を運んで来る人も、そのお店に期待をしながら来店します。

人気店であれば、行列にも並ぶし、多少提供を待っても大丈夫と思う人ばかり。

しかしその分、サービスや味、品質の期待を裏切らないようにする必要があります。

その期待のハードルは、かなり高いことが分かりますね。

個人店カフェのデメリット

求人募集しているかわからない

個人店カフェでは、店内の貼り紙を見かけない限り、いつ求人募集しているか一見分からないですよね。

経験者の私は、直接、個人店カフェの店員さんに直談判しに行きました(笑)

その日にオーナーの方と面接をしてもらい、なんと、その場で採用してもらうことに。

丁度、辞めるスタッフがいたそうで、誰かの紹介で働ける人がいないか探していたそうです。

個人店カフェは、タイミングがほとんどだと思うので、直談判するのが1番手っ取り早い手段なのかもしれませんね。

拘束時間が長く感じる

個人店カフェは、お店によっては認知度がまだ低く、1日で1組も来店が無かった…ということは実はあることなんですよね。

そんな中、お店ですることが無くなると、暇になってしまい、緊張感も無くなります。

こういった時の過ぎていく時間は、いつもより長く感じるもの…。

ある意味、地獄ですよね。

基本的に忙しいチェーン店カフェとは、全く逆の悩みとも言えるでしょう。

常連客との関係性

個人店カフェには、必ずといっていいほど、常連客がいます。

常連客とは、ほぼ毎日来店してくれるお得意様のこと。

常連客の方の期待を損なわないよう、どんな時も笑顔で接客しましょう。

個人店で働いていた時は、ほぼ毎日のようにケーキを持って来てくれるおじいさんがいました。

その分、1時間ほどお話しを聞かなければいけなかったのですが…(笑)

常連客との関係性やコミュニケーションは、個人店カフェのほうが、より重視されますね!

カフェ店員バイトを選ぶときのポイント

ここからは、カフェでバイトを選ぶときのポイントを状況別に紹介し、経験を元におすすめしていきます!

カフェ店員バイト初心者→チェーン店カフェがおすすめ

カフェ店員バイトが初心者という人や、バイト自体が初めての人は、チェーン店カフェを選ぶほうがおすすめです。

なぜなら、チェーン店カフェで働いているスタッフも学生が多く、マニュアルに沿った研修があるので、安心して働けますよ。

学業との両立を重視したい人→個人店カフェがおすすめ

「平日は学業を優先し、週末だけ短時間でカフェバイトがしたい」と思っている人は、絶対に個人店カフェがおすすめです。

チェーン店カフェでは、シーズン毎に期間限定ドリンクが発売され、忙しくなります。

そこで、うまく相談していないと、授業のある日にシフトが入っていることも…。

メニューもシンプルで、あまり変化のない個人店カフェでバイトをするほうが、学業との両立ができますよ。

将来カフェを経営したい人→両方店の経験がおすすめ

「いつか自分のカフェを開いてみたい」という夢を持っている人は、両方店を経験するべきだと思います。

それぞれのカフェで学べること
  • チェーン店カフェ:スタッフ教育や職場環境、在庫管理や物流の仕組み
  • 個人店カフェ  :地域との関係性、ブランド創り、マスターからの技術習得

どちらにも良さがあり、片方でしか経験できないこともあるので、バイト期間を決めて選択するのも1つの手ですね!

まとめ|カフェ店員バイトは、どちらも楽しい!

カフェ店員のバイトは、チェーン店でも、個人店でも、内容はそれほど変わりません。

どちらも経験した私からすれば、どちらにも良さがあり、やり甲斐も感じました。

「カフェで働いてみたい!」と思った人は、先ほども紹介したように、自身の状況や将来のことを踏まえて検討してみると良いですよ。

検討している人は、是非、参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる