【体験談】北海道のスキー場リゾバのメリット・デメリット!東京から行った私が詳しく解説

リゾバで本州を出る・・・東京出身の私にとってはまさに旅行気分でした。

交通手段はもちろん飛行機。

空港に向かうと、

普段と違う土地に行くんだ

と強く実感し、ワクワクしました。

しかも私は北海道に行ったことがありませんでした。

北海道は初めてだらけことが多く、今までのリゾバの中で一番非日常を感じた体験。

そんな私がスキー場のリゾバで人生初の北海道に行った体験談をお話したいと思います!

北海道に行ったことがなくて、リゾバに行くか悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

タップできる目次

北海道のスキー場リゾバのメリット

北海道は観光地として不動の人気です。

そのため北海道でしか体験できないことやイベントが豊富。

ここでは北海道のスキー場リゾバのメリットをご紹介します。

冬の北海道ならではの体験やイベントが満載

北海道は冬でも楽しめるイベントがいっぱい!

有名なのがさっぽろ雪まつり。

毎年1月下旬〜2月上旬頃に開催しているので、休日に観光がてら行ってみるのも良いですね。

職場の同僚で網走の流氷ツアーに参加した子もいます。

私が初めて体験したのは、ワカサギの天ぷらを食べたこと。

同僚の子が氷上釣りに行き、釣ったワカサギを天ぷらにしてごちそうしてくれました!

また、北海道在住の同僚が地元の人しか行かないジンギスカンのお店に連れて行ってくれたこともあります。

北海道ならではの経験ができて嬉しかったです。

雪質が最高のパウダースノー

北海道の雪質はやっぱりすごい!

良質のサラッサラのパウダースノーでウインタースポーツが楽しめます。

本州よりも気温が低いので、水分の少ない軽い雪の上で滑れます。

その絶好のコンディションの時が休日と重なるとラッキー!

滑っていると思わず「ヒャッホー!!」と外国人リアクションが出るぐらいテンションが上がります。

「この歳になっても自分ってこんなにはしゃぐんだ」

と新しい自分を発見!

日本のあちこちに友達ができる

北海道は空港が多いので、リゾバをする人は全国から集まります。

北は道内から、南は沖縄まで出身地域はさまざま。

  • “おでんの具は何を入れる?”
  • “みそは何みそを使う?”

など、地域性の話題が楽しかったです!

私が一番仲良くなったのは福岡の子。

下山してから1年後に、その子に会いに福岡まで遊びにも行きました。

 

下山したらなかなか会えなくなりますが、SNSで繋がっていれば連絡をとることも可能!

北海道のスキー場リゾバのデメリット

冬の北海道と言ったら・・・とても寒い!

そして広大な土地に恵まれています。

北海道に行ったことのなかった私でも知っている話です。

実際に体験すると想像以上でした。

ここでは北海道のスキー場リゾバのデメリットをお話しします。

とにかく寒い!

北海道の寒さはとてつもないです。

真冬だと最高気温が0℃未満。

私が働いていた地域は北海道の中でも寒冷地で、最低気温がマイナス30℃の日もありました。

本州のリゾバでマイナス10℃を経験していたので、寒いのには免疫がついていたかと思いきや・・・考えが甘かったです。

朝、寮を出て息を吸った瞬間、鼻の中が凍るような感覚になったのを今でも覚えています。

あと、外にいるだけで髪の毛が凍って白髪のようになります!

この経験は北海道でしか味わったことがありません。

ちなみに私がいたスキー場は、ナイター営業が毎日という、滑り倒したい私には好条件でした。

ですがナイター時間の寒さは耐えられないレベルで、毎日は滑りませんでした。

12月や3月はそこまで気にならないですが、1,2月は少し大げさですが死ぬほど寒いです!

北海道は広い!どこに行くにも遠い

北海道はデッカイドウ!

まさに言葉通りで、北海道は広いです。

私がいたスキー場の周りには何もなくて、どこかに行く時は車を持っている人に連れて行ってもらいました。

最寄りのスーパーが車で30分!

他のスキー場に滑りに行くにも1時間はかかりました。

噂には聞いていましたが、道には信号が全然ありません。

どこに行くにも遠いですが、雪道の運転さえ平気なら、渋滞がなくて快適に運転できます。

中国人の団体客が来ると激混み!

これも空港が多い北海道ならではでしょうが、2月の春節の時期に中国人の団体客が来ます。

北海道は世界的にも良質な雪が有名で、飛行機でのアクセスも良いので、外国人に人気です。

私がいたスキー場は、スキースノボ以外に、温泉プールや氷でできた施設があるなど、アクティビティが充実していました。

中国人にはそれが好評なようで、2月は激混みです!

ウインタースポーツのハイシーズンと重なるので、この時期は忙しすぎて1日があっという間に終わっていました。

北海道のリゾバ体験のあれこれ

私は北海道のリゾバで、初めて子供のお世話をする仕事をしました。

小さい子供と接する機会がまったくなかったので、最初は戸惑うことが多かったです。

ですが、すごくやりがいのある仕事で、やって良かったと思います!

そんな私の当時の仕事内容や、北海道のリゾバ生活の体験談をお話します。

私が働いた職種・仕事内容

私はスキー場内の託児所で働いていました。

保育士の資格は持っていませんが、応募の段階で、真面目で熱心という評価をいただき、託児所をすすめられました。

法律では無資格でも働けますが、実際は同僚の半数以上が有資格者。

主な仕事内容は、

  • 室内で子供と一緒に遊ぶ
  • オムツ交換や寝かしつけ
  • お昼ご飯をあげる
  • 外で雪遊び
  • 雪遊びプログラム

保育士でもなく子育て未経験の私は、はじめは先輩に手取り足取り教えてもらい、仕事を覚えました。

オムツ交換も初めての体験!

赤ちゃんの抱っこもほとんどしたことがありません。

最初は緊張ばかりしていましたが、気持ちに余裕が出てくると、子供って見てるだけでかわいいなあと改めて思いました。

外で雪遊びをする時は、雪だるまを作ったり、キッズパークで子供と一緒にソリに乗りました。

雪遊びプログラムというのは、保護者から別料金をいただいて、1時間程度で課題をクリアする遊びです。

ゴンドラに乗ったりスノーモービルに乗ったり、いくつかパターンがあります。

最初は課題を覚えるのが大変な上に、子供の安全最優先で見守りながら遊ぶのは大変でした。

それ以上に、子供が楽しそうにはしゃいでいるのを見ると、すごく良い仕事だなとやりがいを感じていました。

子供たちの笑顔を見れるのが嬉しかったです。

寮からスキー場の行き来はバス。どうだったか?

私がいたスキー場は、寮とスキー場が遠いので、従業員用の無料バスが出ていました。

時間は10分かからない程度。

雪道を歩いて行くのは難しそうでした。

感想としては、バスでの行き来は不便!

1日に何本も出ているし、来たバスに混雑で乗れないなんてこともないので、慣れると言えば慣れます。

ですが、休日に滑りに行くのにバスに乗らなきゃいけないというのは、少々面倒な気持ちになります。

ナイターで滑っていても、終バスに間に合うように切り上げないといけません。

バス時間を気にして行動するのがちょっと大変でした。

私の場合は、前のシーズンがスキー場と寮が徒歩1分という好立地だったので、余計にそう感じてしまいました。

北海道のコンビニと言ったら“セイコーマート”

北海道のローカルコンビニ“セイコーマート”は絶対に行きましょう!

北海道という遠い地域に来たと強く実感する場所です。

実は埼玉や茨城にもいくつかあるらしいですが、発祥地の北海道には1,000店舗以上あります!

初めて連れて行ってもらった時は、

「ここが噂のセイコーマートか!!」

と興奮して外観の写真を撮りました(笑)

特徴は、オリジナル商品が豊富で安いこと。

おすすめはジンギスカン弁当と、プライベートブランドのメロンソフトクリームです!

まとめ|冬の北海道は寒さに強い人は一段と楽しめる!

冬の北海道は本当に寒いです!

寒いのが得意な人には、雪質も最高だし、本州よりも旅行気分がより味わえるので、かなりおすすめです。

寒いのが苦手だけど北海道のスキー場でリゾバしたい方は、仕事は室内の職種を選びましょう!

そこをこだわるだけでも全然違うと思います。

寒さのことを除けば、北海道は面白い経験ができて楽しかったです。

私はスキー場の契約満了後、札幌や函館を数日かけて観光しました。

函館の海鮮丼は絶品!

友達も幅広い地域にできたので、会いに行きがてら日本中を観光するのも良いな、と思いました。

「楽しい!こんなの初めて!」

そう言った経験が大人になってもできるって珍しいと思います。

みなさんも新しい世界に一歩踏み出してはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる