焼肉ビュッフェ形式のバイト先でホールスタッフをした体験談!メリット・デメリットも詳しくご紹介します!

ビュッフェ形式のアルバイトと聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?

  • 料理を作るのは難しい?
  • ホールスタッフはなにをするの?
  • 忙しい?

などと様々なイメージをお持ちかと思います。

今回はそんな焼肉ビュッフェ形式のバイトを徹底解説していきます!

やってみたいなと思っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

私が焼肉ビュッフェ形式のバイトで1年間働いた体験を踏まえてご紹介していくので、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

タップできる目次

ビュッフェ形式のバイトの仕事内容は?

ビュッフェ形式のバイトをしたいと思っても

お客さんが多くて忙しい?

普段どんな仕事をしているの?

ホールスタッフかキッチンスタッフどっちがいいの?

など多くの疑問があるのではないでしょうか。

そんなビュッフェ形式のバイトの仕事内容を見ていきましょう!

1.ホールスタッフ

ホールの仕事内容は、

  • お客様のご案内・ご予約
  • 料理の提供
  • ドリンクバーの点検・確認
  • レジ打ち
  • お皿やグラスのバッシング

などが主に挙げられます。

お客様のご案内やビュッフェ形式の説明は、丁寧にハキハキと行うことが求められます。

説明の仕方などはバイトが決まった後の研修期間に先輩から教えてもらえるので安心してください^^

予約を取る際は電話対応をすることがありますが、こちらもマニュアル通り慎重に行えば難しいお仕事ではありません。

料理の提供は、「トレンチ」と呼ばれる料理を運ぶお盆のことです。

それを片手に持って、その上に料理をいくつか載せて運びます。

という意味です。

慣れてくれば一回で5~6品運べるようになりますが、始めたばかりの頃は落とさないようお客様に運ぶことが出来ればOKです!

ビュッフェ形式だと一回の注文回数が多いので、素早く他のホール仲間と声を掛け合って連係プレーを行うことが重要です♪

また、ドリンクバーの点検はこまめに行います。お客様が何度も利用することが出来るので、中身がゼロになっていないかを定期的に確認し、補充することが大切です。

「バッシング」というのはお皿を片付けテーブルを拭いて、お客様が来る前の状態にリセットするという意味です。

お皿の片付けをする人、テーブルを拭く人で分かれて行うことが多いです。

こちらも次のお客様が待っているのでスピーディーに終わらせることが大切です。

ホールに向いている人は…

  • お客様と接することが好きな人
  • 周りをよく見れる人
  • コミュニケーションをたくさん取ることが苦痛じゃない人

などです♪

2.キッチンスタッフ

キッチンの仕事内容は、

  • 料理作り
  • お皿洗い

などが主に挙げられます。

料理は、オーダーが届いてすぐに作ります。どんどん注文が来るので、食材の位置を早めに覚えて素早く調理することが重要です。

難しい料理を作るわけではなく決められた通りに作るので、料理が苦手な方でもできます!^^

お皿洗いは、ホールの人がバッシングしてきたお皿を洗います。軽く手洗いをして食洗機にかけた後に、元の場所に戻します。手があれてしまうことが気になる人は、ゴム手袋をつけることも可能です!

キッチンをしていると、美味しいまかないが自然と作れるようになります。頑張ってバイトした後に自分で作るまかないはとってもおいしいです・・・笑

キッチンに向いている人は…

  • 自分で料理を作りたい人
  • 食べ物が好きな人
  • 仲間と楽しくコミュニケーションが取れる人
  • 裏で作業したい人

などです♪

経験上でのホールとキッチン男女の割合!

ホールは女子が若干多く、キッチンは五分五分でした!

飲食店ではホールは女子、キッチンは男子という暗黙の了解があるお店が意外と多いです。

しかし、ビュッフェ形式だと人数が多い上に、男子のパワーと女子の丁寧さがホールとキッチンどちらも求められる要素なので、男女関係なく働いていました。

なのでホールとキッチンどちらで働くことになっても、自分の力を発揮できます!

ビュッフェ形式のバイトのメリット

ここからは、ビュッフェ形式のバイトのメリットを見ていきましょう!

1.メニューの聞き取りがない!

お客様が食べたいものを決めて注文画面に打ち込むため、オーダーを聞く必要がないんです!

そのため聞き逃してしまったり、違う商品のオーダーを取ってしまったりというミスをしてしまうことはありません。

2.仲間が多くて、友達が作りやすい!

お客様がたくさん来る上にたくさん注文されるので、他のバイトに比べて一日のメンバー数も増えます。

そのため、いろんな友達ができるのでバイトに行くことが楽しいです!コミュニケーションを取る機会が多いので、自然と笑顔になれます♪

3.色々な仕事内容を経験できる!

ホールとしてバイトに応募しましたが、慣れてくるとキッチンの仕事も経験させてもらえました!

どちらも経験することでそれぞれの大変さが分かるので、相手の気持ちを考えて仕事が出来るようになります。

毎日同じことをコツコツ行うバイトはさすがに飽きてしまうので、色々な経験ができる点はとてもいいと思いました♪

ビュッフェ形式のバイトのデメリット

次はデメリットを見ていきましょう!

  • こんな人には向いていないかも・・・
  • こんな点が大変かもしれない・・・

ということをご紹介します。

1.覚えることが多い

メリットの3つめと紙一重なのですが、仕事量が多いことが苦手な方には少し大変かもしれません・・・。

先輩も仕事量が多いことを知っているため、丁寧に教えてくれます。

そのため、ついて行けないのではないかという点は全く問題ないと思います。

しかし、「バイトはあまり動き回るところでは働きたくない!」と考えている方にとっては逆のバイトにあたるのかなと思います。

2.バイトをやめたくなくなる

これはデメリットになるのか分かりませんが、ビュッフェ形式のバイトはとても楽しいのでやめたくないという気持ちになってしまいます笑

友達もたくさん出来てバイト以外でも遊びに行くことが多いです。

就職先が決まって最終的にやめる人がほとんどでした。

まとめ|長期で働きたいならビュッフェ形式がおすすめ!

ビュッフェ形式のバイトはかなり楽しいしおすすめです!

学生がとても多いバイトなので、すぐ友達も作れると思います♪

お店の雰囲気は店舗ごとで全く違ったりするので、自分の働きたい雰囲気の場所が見つかるといいですね。

ホールとキッチンどちらにもあてはまる大切なことは、分からないことがあったときはすぐに聞くようにする癖をつけることです!

ポケットに入るくらいのミニメモ帳を持っておくといつでもすぐに聞いたことをメモすることが出来て忘れないのでいいと思います^^

興味が湧いた方はぜひ参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる