【舞台女優付き人バイト体験談】約半年働いた経験からやりがい・給料・仕事内容まで詳しく紹介!

表舞台に立ちたい

ミュージカルが大好き

そんな方は必見!

私が約半年間アルバイトした舞台女優さんの付き人生活をご紹介します。

「付き人」というと芸人さんや落語家さんなどによくある師弟関係かと思われがちですが、私の場合、ご縁があり、その時に初めてお会いした元宝塚歌劇団ご出身の女優さんの半年公演につかせて頂きました。

扱いはアルバイトでしたが、ごく普通の生活を送っていた私にとっては、夢を見ていたかのような時間でした。

新しいことばかりで大変なことも多い半年間ではあったものの、かけがえのない経験と財産になりました。

そんな夢のひと時を皆様にもご紹介したいと思います!

ミュージカル鑑賞がお好きな方にとっては貴重な裏話も聞けるかもしれません!?

よろしければ最後まで読んでみて下さいね♪

タップできる目次

舞台女優付き人バイトの仕事内容ってどんな感じ?

そもそも付き人をしたいなんて思う人は世の中にそうそういないと思いますが、自分が好きなことを仕事にできるって幸せなことだと私は考えます。

元々、私自身ミュージカルを見ることが大好きで、当時かなり熱を入れていた時期の中、舞い込んできたのがこのアルバイトの仕事でした。

何をするのかもわからず、一言「やります!」で決まってしまいましたがこの一言が想像以上に重かったのも事実です。

そんな付き人ド素人が届ける舞台女優付き人のアルバイト内容を主に3つに分けてお話します。

楽屋のお掃除

付き人の仕事は、朝一番のお掃除から始まります。楽屋に入られる前に楽屋の空気を入れ替えて掃き掃除をします。

付かせて頂いた女優さんは朝一番にコーヒーを飲まれていたので、前もってポットでお湯を沸かしておき、ウォーミングアップ後いつでも飲めるように準備しておきました。

お化粧前もホコリが被らないように敷物をかけてありますが、机の周りも軽くお掃除をしたり、頂いたお花を枯らさないようにお水をあげたりもしていました。

とにかく「気遣い」の連鎖です。何をしてあげたら心地よく舞台に立っていただけるかそのことしか考えていませんでした。

公演本番中の身の回りのお世話

いかにベストなコンディションで舞台に立って頂ける環境を作ることが付き人の大事な役割だと思います。その中で、身の回りのお世話は超が付くほどメインのお仕事です。

公演中はずっと側を離れないこと

出演場面以外は、ずっと側につかせて頂きます。舞台裏は真っ暗です。

万が一怪我でもしたら、ただごとではありません。

開演前には必ず動線を確認し、小型の懐中電灯を常に常備していました。

常に気を張って、何ができるか考えながら行動をします。

衣装替えのお手伝い

私の場合は、少し経験があったのでヘアメイクさんとお衣装さんに依頼を受けて、早替わり(1分以内で鬘、衣装、アクセサリーを全部変えること)のお手伝いをしていました。

これは毎回緊張感がとんでもなく、着替えが間に合わなくて出れなかったなんて許されない世界なので、集中力が何よりも大事なお仕事でした。

出番の把握

出演される出番の把握も大切な仕事です。

上手/下手(舞台の右か左か)どちらから出るのか把握し、公演中のセット(アクセサリーやお水などが入ったかご)を次の衣裳部屋まで持って準備しておく必要があります。

リハーサルの時点で覚えることをおすすめします。

お出迎え&お見送り

まるでアイドルの入待ち出待ちのようなタイトルですが(笑)マネージャーさんの次にお出迎えをし、マネージャーさんの車に乗られるまでお見送りをします。

どのファンの方々よりも最初から最後まで女優さんと一緒にいることができるのが付き人の特権だと思います。

私がお世話になった女優さんは荷物が多い方ではなく、アルバイトだった私に対してもとても親切に気を遣って下さいました。

なので重い荷物を楽屋までお持ちすることは一度もありませんでした。

強いて言えば、公演中にお誕生日を迎えられた時のファンの方々からのプレゼントの量は一般人の私からすれば信じられない程の量でした。

2日に分けて持って帰ってらっしゃったのを今でも鮮明に覚えています。

お見送りの際も同様、楽屋にご観劇されたご友人の方々がプレゼントや差し入れを下さるのでそれをまとめて車までお持ちします。

そして、「本日もお疲れ様でした。」とお見送りをするお仕事です。

(終演後もファンの方から頂いた持ちきれない量のプレゼントは車まで運んでいました。)

舞台女優付き人バイトの1日のスケジュールは?

舞台女優付き人バイトの1日のスケジュールはこのような流れです。

出勤

楽屋に入られる約1時間前には到着

公演時間によって出勤時間は異なるので、必ず毎公演終了後、次の入時間を確認します。

例)13:30〜の公演の場合、11:30には楽屋に入られるので、付き人の出勤時間は10:00〜10:30です。

付き人の必需品とも言えるポケットが多いエプロン(美容師さんとかが着けている収納ケースのようなものです。)と全身黒い格好に着替えます。

着替えが終わったらお迎え

前述のしたように指定の場所までお出迎えします。

開演前の準備

衣装部屋にアクセサリーの準備

ウォーミングアップに行かれている間に、本番で身につけるアクセサリー類を舞台袖の衣装部屋にセットします。

身につける順番に並べ、すぐに身につけられるようにネックレスなど手に持ちやすいように準備します。

動線の確認

舞台袖の動線の確認は怠らないようにしていました。

本番中に使用するセットの準備

楽屋に戻ったら、お水やメイク直し道具、汗拭き用のティッシュ、扇子などを準備していつでも舞台袖に行ける準備をします。

本番

身の回りのお世話

意外と本番中の仕事は少ないかもしれません。

公演は休憩を入れて3時間はあったので一席10,000円以上のチケット代の舞台を普段見ることができない角度から毎回見ることができたのは本当に幸せな空間でした。

休憩

日によって何時になるかは変わりますが、付き人の分の差し入れのお弁当はあったのでお弁当をほぼ毎回頂いてました。

本番終了

帰る準備

公演時間によって帰宅する時間は変わります。

例)18:30〜21:30の公演であれば、終業時刻はだいたい22:30です。

その女優さんは終演後すぐに帰宅される方だったので、早いときは終演後30分後には上がれました。

車までお見送りした時刻が1日の終業時間になります。

舞台女優付き人バイトの時給や年収は?インセンティブはある?

舞台女優さんの付き人のお給料なんて未知な世界ですよね。

今回は私が実際に働いていたときのお給料を紹介します。

(※あくまでも一例にしか過ぎません)

お給料は!?時給はいくら?高いの!?

単刀直入に結論を言うと、時給:〇〇円というアルバイトではありません。

どちらかといえば日給という形のほうが近いでしょうか。

どれだけ働いても、月給13万円でした。

(拘束時間が12時間のときもあれば6時間程度の日もあります。)

全ては公演時間に左右されるのです。

時給で計算するととんでもない時給で働くことになりますが、それでも好きなことを仕事にしてたのでそこまで苦ではありませんでした。

都度、お弁当も頂くので食費は浮きます。

加えて、毎回ハイレベルな舞台を見れると思えばお金をいただきながらミュージカルが見れる贅沢な時間だったと思います。

もちろん、インセンティブなどもありません。

どのように捉えるかで給料が高いのか低いのか変わると思います。

舞台女優付き人バイトのやりがいや魅力は?

やりがいや魅力は多くあります!私が実際に感じたことをお伝えします♪

気遣いの心を学べる

何度も前述しましたように、相手のことを思いやり、行動をしなければならない仕事です。

相手がどれだけ良いコンディションで舞台に挑めるかそれが何よりも大事なので、他人の為に何をしたら良いのか考える力が付きました。

誰かの役に立つ仕事ってとても魅力的だと思いませんか?

また、当たり前ではなく感謝の言葉を言われたときが一番やりがいを感じました。

芸の世界に携われる

芸能界のような場所で、一般人が芸の世界に飛び込めます!

根気や体力はもちろん必要ですが、キラキラした表舞台の方たちに触れ合うことができたのは充実した時間でもありました。

テレビで見ていた方や某有名男性アイドルの方々までも一スタッフとして携わることができたので、とても素晴らしい経験になることができました。

毎日芸能人見放題です(笑)出演者だけではなく楽屋に挨拶に来られる方々も芸能人ばかりです。末端の私にさえ目を合わせて挨拶までしてくれます(笑)

舞台女優付き人バイトの人間関係ってどんな感じ?

基本的には一人での仕事になります。

各俳優、女優さんに付き人はいますが、その方たちと触れ合うことはほとんどありません。

担当女優さんとマネージャーさんがメインで携わる方になります。

若い人が多い

体力勝負なところもあるので、若い人が多い印象でした。

俳優さんには男性の方、女優さんには女性の方がつくことが多いです。

将来のスターに会えるかも!?

同じ付き人同士で触れ合うことはないとは言ったものの、大手芸能事務所の俳優さんの付き人はだいたいその事務所に所属している金の卵ならぬ、デビュー前の俳優志望や女優志望の方が多いです。

とても美形な付き人さんも何人かおられました。

なので、将来のスターに会える可能性もあるかもしれません!

女優さんと仲良くなれる

やはり、半年間も付き人をさせて頂くと仕事だけではなく、一緒にお昼を食べたりしてくださることもありました。

その時はごく普通の日常会話をしながら、時には芸能界の裏話や(私の場合は宝塚時代の裏話がかなり面白かったです)様々なことをお話させて頂けました。

未だに覚えていてくださり、公演を観に行かせて頂くこともあります。

ご縁というものはいかに人生を変えるかを未だに実感させられますね。

舞台女優付き人バイトに向いてる人は?

どんな人が付き人に向いているのか気になりますよね。

私が実際に経験して思ったことをお話します。

パワフルな人

根気と体力、いかに熱を持って仕事に取り組めるかが重要な鍵になってきます。

明るく元気な人は向いていると思います。

加えて、どんなことがあっても動じない度胸がある方などおすすめです!

器用な人

失敗は一度も許されない(特に本番中)ので初めてのことでも器用にこなせる人のほうが向いていると思います。

時間をかけてコツコツとやってる暇はありません!

リハーサルの時点で頭をフル回転させて自分なりに考えて行動でいる方には向いているお仕事だと思います。

時間が取れる人

拘束時間が都度異なるので時間に融通が効く人良いと思います。

私が実際この仕事をしたのはフリーター時代でした。

海外留学前などいいかもしれませんね。

とにかく舞台(ミュージカル)を観るのが好きな人

やはりこれに勝るものはないと思います。

興味がなければ難しいので、好きなことを是非仕事にしましょう!

きっとあなたにとってかけがえのない経験になるはずです。

舞台女優付き人バイトを始めるにはどうすればいい?

こればっかりは求人は少ないと思いますが、大手アルバイト求人サイトで探してみるのもいいかもしれません。

ですが求人を見つける方法はまさにこれ ▼▼▼

とにかく知人や友人の紹介に尽きる

この方法が一番手っ取り早く仕事にしやすいと思います。

実際私も知人からこのお話をたまたま頂きました。

人との出会いを大切にすることがこの仕事につながるかと思います。

まとめ|新しい経験をして世界観を広げてみよう!

いかがでしたでしょうか??

付き人と言っても雑用ばかりではありません。

幸せな時間もありますし、とにかく世界が広がります。

アルバイトというジャンルの中で視野が広がったり学ぶことが多い仕事も珍しいのではないでしょうか?

さらに、普段会うことができないような方たちを見ることができるのも芸能界に関係するアルバイトの魅力の一つです。

特に将来表舞台に立ちたいと思っている方にとっては勉強できることなど多いのではないでしょうか。

私のようにただの素人でも問題ありません!

やる気がありポジティブに仕事に向き合えることができるのであれば間違いなく楽しいお仕事です★

チャンスがあれば、ぜひチャレンジしてみて下さいね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる